シリコンハイドロゲルのコンタクト

コンタクトレンズの新素材であるシリコンハイドロゲルが注目されています。一般的なコンタクトレンズに比べてみる、酸素透過性が高いので、目のトラブルがおきにくいです。通常コンタクトレンズをつけていると、酸素不足になり、目が傷ついてしまったり、感染などのトラブルが起きてしまうことがあります。その為、長時間つけないようにしなければいけません。しかし、シリコンハイドロゲルだと、酸素透過率が他のコンタクトレンズに比べて、何倍も高いです。そして、乾燥しにくいのでドライアイの人でも安心して使うことが出来ます。ドライアイだと、目がゴロゴロしてしまったり、目薬を頻繁にささなければいけませんが、シリコンハイドロゲルだと、乾燥しにくいので、目が疲れにくく、角膜を傷つける可能性も低くなります。しかし、少し値段が高いというデメリットがあります。

コンタクトを買うならシリコンハイドロゲルがお勧め

コンタクトを買うならシリコンハイドロゲルを使っているものを購入しましょう。特徴としては、酸素を沢山通してくれる素材なのでコンタクトを装着しているときにも目に酸素が行き渡ります。また、保湿にすぐれていますのでコンタクトをつけることで目が乾燥するといったことがありません。仕事でパソコンを使った作業が多い方などは特にお勧めです。普通のコンタクトですと夕方ごろには目が乾燥して装着しているのがつらくなることがありますが、シリコンハイドロゲルの場合には最後まで潤いが続きます。目薬をさす回数なども減らすことが可能です。また、様々なタイプのものが販売されていますので自分にあったものを選ぶことが可能です。たまにしか装着しない人は一日使い捨てタイプが便利ですし、毎日装着する人は一ヶ月用や2週間用が便利です。

シリコンハイドロゲルのコンタクトのメリット

シリコンハイドロゲルのコンタクトのメリットとしては一体どのような点が挙げられるでしょうか。まず一番は、酸素の透過率がよいという点です。昔のソフトコンタクトレンズの場合にはハードタイプのものよりも酸素の透過率が悪いということがありましたが、シリコンハイドロゲルの場合にはハードと比較してもそん色のないぐらいに透過率が高いです。長い時間装着していてもしっかりと酸素が目にとどくので、付け心地も抜群です。ハードコンタクトレンズの場合には、取り扱いが面倒だったり目がごろごろしたりとハードルが高いですが、ハイドロゲルを使ったソフトコンタクトレンズにはそのようなことが起こりにくく使いやすいというメリットもあります。また、一日使い切りタイプなどもありますので、めがねとコンタクトの使い分けをすることも可能です。