ロールスクリーンの取り付け方法は二つあります

窓に付けるカーテンを探している人には、ロールスクリーンも候補に入れる事をオススメします。ロールスクリーンは窓枠の上部に取り付けて、スクリーンを引き出す事でブラインドの役目を果たします。カーテンよりも見た目がすっきりとしているので、お部屋の中の雰囲気をシンプルにする事ができます。またカーテンは開けた場合に、まとまったカーテンのたまりが出来てしまいますが、ロールスクリーンの場合だと、本体にスクリーンが全て収納されてしまいますの、で邪魔になりません。スクリーンの生地も色や柄が豊富にありますので、お部屋に合わせたものを選ぶ事ができます。また比較的お安い金額設定になっているのも魅力の一つです。ロールスクリーンはインターネットの通販などでも購入する事ができますので、自分で取り付けに挑戦して見るのもいいかもしれません。取り付け方法は主に天井付けと、正面付けの二つがあります。天井付けとは窓の枠の天井に取り付ける方法で、窓枠とぴったりのサイズのロールスクリーンを取り付ける方法です。すっきりとした見た目になり部屋を広く見せる効果があります。次は正面付けなのですが、これは窓枠の前の部分に取り付ける方法です。窓枠の外につける事になりますので、窓より大きいロールスクリーンを取り付ける事になります。窓枠をすっぽりと覆いますので隙間が出来ずにプライバシーの確保が出来ることと、隙間から光が漏れる事を防ぐ事ができます。窓を大きく見せる効果もあります。取り付け方法はどちらの場合もとても簡単で、専用の取り付け金具をドライバーを用いて取り付けるだけです。後は金具に本体をつけるだけですから、誰でも取り付けは可能です。もし窓枠がアルミで取り付けができない場合は、カーテンレールに取り付けるタイプや、突っ張り棒になっている金具などもありますので適当なものを選んで使用しましょう。購入する際にはサイズはしっかりと測っておく必要があります。窓枠のサイズをメジャーなどでできるだけ正確に測って、どの付け方をするのかを考えながら選ぶようにしましょう。窓枠よりだいぶん幅の狭いものや長さが短いものだと、窓を覆いきれませんので注意が必要です。表示されている寸法が本体なのかスクリーンなのかという事も確認をする必要があります。また本体よりもスクリーンの方が若干狭くなっているという事も覚えておくようにしましょう。ロールスクリーンは窓枠だけではなく、お部屋の仕切りなどにも使用できますので色々と工夫してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*