ロールスクリーンを取り付け後の困った症状と対策

ロールスクリーンはフレームにスクリーンを取り付けて、それをコードで上げ下げして使うものです。本体の取り付ける場所は窓枠の外側につけたり、内側やカーテンレールにも取り付けることができます。まず壁に金具を取り付けてそこにスクリーンのついたロールのフレームをはめ込むと完了なので、比較的簡単な取り付けともいえます。壁にしっかりと金具を取り付けないとロールスクリーンの重みで長年使っていると外れてしまうこともあるので、最初に取り付けるときにその場所の強度も確認する必要があります。さて無事に取り付けたあとも困った症状が出る場合があります。まずはスクリーンがきれいに巻き取られない場合です。これは原因は取り付け面が水平でないことが考えられます。ロールスクリーンにはコードがついていて、それを引いてスクリーンの上げ下げをしますが、その部分を真下に引いていない場合も考えられます。次にスクリーンの端の部分がほつれてくる場合です。これは、両サイドが端の部分にあたっていることで起こります。このほつれはそのままにしておくとどんどんひどくなってしまうので、ほつれた生地の部分をはさみで切り取る必要があります。きれいに巻き取られるように、調整もしなければなりません。スクリーンが途中までしか巻き上がらない場合や、スピードが遅くなる場合は、ロールの中のバネの部分に問題があります。横についているカバーを外してドライバーでねじを調節をします。ロールスクリーンによっていは、このカバーを外せば自分で調節ができるように表示がされているものもあります。たとえば強の記しの方へ回すと巻き上げ速度が速くなりという意味で、弱の記しはその逆ということです。あまり速度を速くするようにねじを回してしまうと、ロールスクリーン事体の故障にもなるので注意が必要です。スクリーンが下がりきって巻き上がらない場合は、本来ならば、バーを下ろしたときにされるストッパーが解除されないことが原因なので、巻き取り部分を手で回してゆっくり離してみると解決されます。最後に万が一スクリーンを汚してしまった場合は、すぐに乾いた布で吸い取るか、湿ったきれいな布で軽くふき取ります。ロールスクリーンはカーテンと違って丸洗いをすることができないものがほとんどですが、今は洗うことのできるロールスクリーンというものも市販されているようです。そのため取り付け部分がもう少し簡単な装置になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*